タイトル
モノクロームメビウス 刻ノ代贖
対応機種
PlayStation 5 / PlayStation 4 / Steam
発売日
2022年11月17日(木)
価格
各8,580円(税抜価格 7,800円)

製品情報PRODUCT

基本情報Basic Information

通常版パッケージ
タイトルモノクロームメビウス 刻ノ代贖トキノタイカ
ジャンルRPG
プレイ人数オフライン:1人 オンライン:対応なし
発売日 2022年11月17日(木)
コピーライト©AQUAPLUS
価格各8,580円(税抜価格 7,800円)
レーティング
CERO C(15才以上対象)
対応機種PlayStation 5PlayStation 4Steam
言語日本語日本語
字幕のみ:英語、中国語(繁体字)
商品種別初回生産版/通常版(パッケージ版)
ダウンロード版(PlayStation Store)
ダウンロード版(Steamストア)
初回生産版
品番/JAN
ELJM-30167
4996802220998
PLJM-17068
4996802220981
通常版
品番/JAN
ELJM-30168
4996802220974
PLJM-17067
4996802220967
ダウンロード版 プレオーダー受付中
PlayStation Store
Steamストア
オンライン解説書 PlayStation 5 解説書 PlayStation 4 解説書 Steam 解説書
Steam システム要件
  • 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
最低推奨
OSWindows 10 64bit
プロセッサーIntel Core i5-2300Intel Core i5-4590
メモリー8 GB RAM16 GB RAM
グラフィックGeForce GTX 750TiGeForce GTX 1650
DirectXVersion 11
ストレージ35 GB 利用可能
MORE

物語STORY

大國ヤマトに属する辺境の國エンナカムイ
この地に一人の青年が母と妹の三人で暮らしていた。
ある日、青年は國の皇の依頼により、ささいな異変を調査している最中、
一人の少女と出会う

謎めいたその少女から告げられる思いがけない言葉──
亡くなったはずの父親が今も生きている、と。
少女に父の面影を見出した青年は、真実を知るため、地図にない謎の國
『アーヴァ=シュラン』を目指し、故郷を後にするのだった。

数多の困難を乗り越え、青年は父の足跡を追う。
志を共にする仲間たちとの出会い
奔走と高揚、そして挫折と別離
数奇な運命は、やがて青年を大いなる刻の最中に誘う──

これは、後に『うたわれるもの』となる或る青年の物語である。

登場人物CHARACTERS

  • オシュトルOshtor

    利根健太朗

    辺境の國エンナカムイの青年。
    トリコリ、妹のネコネと三人で暮らしている。
    若いながらも正義感が強く、日々鍛錬を怠らない。
    ある日、謎の少女シューニャと出会い、父の死にまつわる謎を知ったことで、
    未知の國を目指し旅立つ決意をする。

  • シューニャShunya

    皆口裕子

    オシュトルの前に現れた少女。
    無邪気でまだ幼さの残る容姿だが、謎めいた言動も多い。
    殉職したはずのオシュトルの父が生きていることを伝え、
    オシュトルと旅路を共にする。

  • ムネチカMunechika

    早見沙織

    イヅモの太守ムラサメの娘。
    丁寧な言葉遣いで話す可憐な少女だが、時折武人としての片鱗も見せる。
    オシュトルに協力し、共に行動することとなる。

  • ミカヅチMikazuchi

    内田夕夜

    オシュトルの修業先に押しかけた青年。
    腕っ節が強く、やや荒っぽい性格だが、己を曲げることなく、行動には筋を通す。
    オシュトルの良き友、良き競争相手として、共に様々な経験を重ねていく。

  • ハルHalu

    利根健太朗

    遺跡の奥深くで眠っていた喋って動く謎の縫いぐるみ。
    シューニャの面倒を見るためにオシュトルたちに同行する。
    見た目は可愛らしいが時に人形離れした行動力を見せる。

  • パシュパクルPashpakur

    菅生隆之

    オシュトルネコネの父。
    ヤマトの同心だったが、オシュトルが幼い頃、
    役目の最中に命を落としたとされていた。
    武人(もののふ)としての義を重んじる、厳粛だが優しい人物であり、
    オシュトルの生き方に大きな影響を与えた。

  • マヤカゥアMayacowl

    池田秀一

    『教皇(シャントゥーラ)』に仕える黒装束、黒仮面の男。
    逃亡を企てたシューニャパシュパクルを手下を率いて追い詰めた。
    常に冷静で物腰穏やかだが、その内面は窺い知れない。

  • ムラサメMurasame

    皆川純子

    防人(さきもり)の郷イヅモの太守で、ヤマト八柱将の一人。
    だが、とある理由からその存在は公にはされていない。
    礼節を重んじる武人であり、娘であるムネチカを厳格に育て上げた。

  • シャントゥーラShantuura

    井上喜久子

    アーヴァ=シュランにおいて教皇のことを指す敬称。
    威厳と知性をたたえる女性で、畏怖の対象でもある。
    伝承を尊重する一方で、民のことを深く案じ、貧しい村々を視察している。

  • アシュタAshta

    岡咲美保

    とある街でオシュトルたちが出会った旅芸人の姉妹。
    小柄な方が姉のアシュタで、気が強いしっかり者。
    妹のナーヴァのことをいつも気にかけている。

  • ナーヴァNava

    嶺内ともみ

    アシュタの妹。
    姉より大柄で大人びて見えるが性格は子供っぽく、
    アシュタのことを頼りにしている。
    どこか浮世離れしているものの、姉妹共々、歌と踊りの腕は確か。

  • ディコトマDikotoma

    楠大典

    ヤマト最強とうたわれる老将で、八柱将の一人。
    『虹(しちこう)』のディコトマの異名を持つ。
    酒を愛する豪放磊落な人物だが、
    己の重責をよく理解し、帝からの信頼も篤い。

  • ライコウRaiko

    置鮎龍太郎

    水都アシワラを統べる名家の嫡男で、ミカヅチの兄。
    幼少の頃から神童と呼ばれ、若くしてヤマト八柱将に任ぜられた。
    冷徹で視野の広い戦略家であり、弟ミカヅチとは様々な面で対照を為す。

  • マロロMaroro

    杉山大

    オシュトルたちが出会った青年。
    没落貴族の出身で、独特の化粧と喋り方が特徴。
    家を支えるために殿学士を目指しているが、
    幾度も殿試に落ちており、自分の才能を信じられずにいる。

  • トリコリTorikori

    藤田昌代

    オシュトルネコネの母。
    パシュパクルが殉職して以来、女手ひとつで子どもたちを育ててきた。
    物静かで優しいが芯の強い女性であり、
    亡き夫の意志を汲み、道義の大切さをオシュトルに教えた。

  • リョウゲンRyogen

    茂呂田かおる

    エンナカムイ近郊の森に住む引退した結詩鳴士(シノッチャナイ)
    古楽の演奏や古詩に精通しており、
    かつてはの御前で披露したこともあるらしい。

  • イシネンIshinen

    若林佑

    オムチャッコ平原の南部に位置する古都、トカラの沙汰人。
    商人が自治権を持つこの都市において、
    組合である座(くら)を束ねる実力者。
    社交的で人当たりがよく余所者にも協力的に接する。

  • アヅマAzuma

    宮田哲朗

    水都アシワラの元領主で、ライコウミカヅチの父。
    今は家督をライコウに譲っており、
    息子たちを誇りに思うと同時に、自らの衰えを実感している。

  • ヴライVurai

    乃村健次

    ヤマト八柱将の一人。
    純粋な戦闘力においては当代随一と目される生粋の武人。
    その風貌から粗野な気性と思われがちだが、
    を深く信奉しており、御言葉には忠実に従う。

  • イラワジIrawaji

    白熊寛嗣

    エンナカムイの皇でキウルの祖父。
    既に老境に入っているが、辺境の小都市であるエンナカムイを
    長らく平穏に統治してきた。
    オシュトルのことを高く評価しており、旅立ちを快く見送った。

  • ヴァルガVarga

    前田弘喜

    勇猛果敢な闘士(ヴィラータ)であり、
    身体能力を活かした格闘を得意とする。
    己にも敵にも純粋な強さを求める生粋の戦士で、姑息な駆け引きを嫌う。
    言動は粗野だが、シャントゥーラに忠誠を誓っている。

  • ナラクファラNarakfala

    村治学

    シャントゥーラの幕臣で、主に政務を補佐する。
    権謀術数を得意とし、有能だが飄々としていて真意を読ませない。
    ヴァルガとは同僚だが、互いに対抗意識を持つ。

  • ミライMirai

    桑原由気

    水都アシワラの姫君で、ライコウミカヅチの妹。
    ミカヅチの生い立ちに何らかの影響を与えたらしいが、
    詳しいことは語られていない。

  • ネコネNekone

    水瀬いのり

    オシュトルの妹。 父パシュパクルが殉職した際にはまだ幼子だった。
    利発なしっかり者に育ったゆえに、少し背伸びした振る舞いも多い。
    兄オシュトルを強く崇敬しており、帝都に登った後も常に気にかけている。

  • キウルKiwru

    村瀬歩

    エンナカムイイラワジの孫。
    やや気が弱い面もあるが礼儀正しく、心優しい少年。
    オシュトルのことを実の兄同然に慕っており、
    いつかは自分もオシュトルの力になりたいと思っている。

  • Mikado

    木村雅史

    大國ヤマトの支配者。
    外見は小柄な老人であり、玉座での表情は常に隠されている。
    絶対的な権威をもってヤマト全土に君臨し、
    民からは現人神(あらひとがみ)と呼ばれると共に、
    超常の力を持つ不滅の存在とされる。

  • ホノカHonoka

    矢作紗友里

    ヤマト大宮司(だいぐうじ)
    祭事全般をとりなすと同時に、通常はの傍に侍り、その起居を補佐する。
    たおやかで慎み深い女性だが、内に秘めたものは伺い知れない。

雑誌情報MEDIA

更新日雑誌名号数発売日掲載内容
2022.11.17
電撃オンライン(ウェブ)11/17紹介記事
2022.11.17
週刊ファミ通12月1日号 No.177211/17紹介記事
2022.11.16
ファミ通.com(ウェブ)11/16紙面先出記事
2022.11.10
週刊ファミ通11月24日号 No.177111/10紹介記事
2022.11.2
電撃オンライン(ウェブ)11/2紹介記事
2022.11.2
週刊ファミ通11月17日号 No.177011/2紹介記事
2022.10.27
電撃オンライン(ウェブ)10/27紹介記事
2022.10.27
週刊ファミ通11月10日号 No.176910/27紹介記事
2022.10.20
B'sLOG12月号10/20紹介記事/スペシャルメッセージ
2022.7.7
電撃オンライン(ウェブ)7/7紹介記事
2022.7.7
週刊ファミ通7月21日号 No.17537/7紹介記事
2022.7.5
ファミ通.com(ウェブ)7/5紙面先出記事
2022.4.28
電撃オンライン(ウェブ)4/28紹介記事
2022.4.27
ファミ通.com(ウェブ)4/27インタビュー記事
2022.4.26
週刊ファミ通5月12・19日合併号 No.17444/28紹介記事
2022.4.26
ファミ通.com(ウェブ)4/26紙面先出記事
English繁體中文